出雲の古代史

門脇禎二 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / 3
  • I スサノオの道 / 11
  • 1 スサノオ神の出雲降り / 14
  • 須佐訪問
  • 神話-追放されたスサノオ神
  • 2 三つの論点 / 21
  • ヒ(肥・簸)の川上
  • スサノオの神名と須佐の地
  • 古代の道
  • 須賀の宮
  • 3 古代貴族の出雲の印象 / 33
  • 出雲国風土記
  • 記・紀の出雲観
  • 出雲観にみる朝鮮とのかかわり
  • 出雲を大和に結んだルート
  • II 出雲における西と東--出雲フルネの敗北とオウ国家の成長 / 43
  • 1 出雲西北部の紛争 / 46
  • 出雲フルネの説話
  • 出雲西北部の首長神
  • フルネの飯入根殺害
  • 2 吉備勢力進出の波紋 / 54
  • フルネの敗北と二つの古墳-松本一号墳と神原神社古墳
  • 吉備勢力の進出
  • 「出雲大神」の神宝は「不明」になったか
  • 3 オウの王の国づくり / 65
  • オウ宿禰の原像
  • 意宇における王陵の築造
  • 出雲の「初国」
  • オウ国王と民衆
  • 意宇の玉作りとその遺跡
  • 〔補論・出雲国造と地域国家について〕
  • III 出雲国家の形成 / 89
  • 1 吉備国家の出雲西北部支配とその転機 / 92
  • 出雲の神門
  • フルネの旧領の動向
  • 吉備国家の「反乱」と出雲
  • 2 オウ王の出雲支配 / 101
  • オウ王の支配の拡充
  • カモス(神魂)神とクマノ(熊野)大神
  • 出雲建国神話
  • 出雲西北部の掌握
  • 3 大和からの使者 / 119
  • 海の道
  • 物部氏の出雲入り
  • 県の設置
  • IV 出雲の国造 / 131
  • 1 迫りくる大和の新しい圧力 / 134
  • 大和国家の吉備圧迫策と安芸アスカ
  • 須佐に迫る大和国家の圧力
  • 出雲支配を主導した蘇我氏
  • カンド(神門)氏の成長
  • 2 出雲国造への就任 / 149
  • 国造任命史料の点検
  • 出雲国造神賀詞の語るもの
  • 意宇の古墳の変化
  • 3 出雲国造と民衆 / 158
  • 采女・トネリ(兵衛)の貢進
  • 屯倉の設置
  • 部民の指定
  • 出雲西部の状況-キツキ大神とカンド氏
  • 評制の施行
  • 政情の不安と力役への抵抗
  • V 出雲と古代統一国家 / 181
  • 1 国司の着任 / 184
  • 藤原京に召集された出雲国造
  • 国司、忌部宿禰子首の着任
  • 2 国造の転身と郡司・民衆 / 191
  • 出雲国造の神賀詞奏上
  • 国司・郡司と国造
  • 民衆と律令政治
  • 3 北の海つ道と出雲国 / 201
  • 対外軍事体制と出雲国
  • 上国出雲の方向と限界
  • VI 出雲の神話 / 211
  • 1 出雲の語部 / 214
  • 四ヵ所の語部
  • 語部以前から語部へ
  • 取捨され変歪された出雲の原神話
  • 2 変歪される出雲の神々 / 226
  • スサノオ神
  • 敗北と従属の神話
  • 出雲臣氏の祖神
  • 3 出雲に生きる神々 / 245
  • 出雲国風土記の神統譜
  • 天の下造らしし大神-オオナモチ神
  • 民衆と生きた出雲の神々
  • あとがき / 262

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 出雲の古代史
著作者等 門脇 禎二
書名ヨミ イズモ ノ コダイシ
シリーズ名 HNKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1976
ページ数 262p
大きさ 18cm
ISBN 4140012684
NCID BN0218921X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73014169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想