不完全性定理と算術の体系

田中一之 編

ロジックに革命的転回をもたらした「ゲーデルの定理」その現代的証明と数学基礎論の新展開について解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ゲーデルの不完全性定理とその背景
  • 第1部 第一不完全性定理と第二不完全性定理(計算論
  • ペアノ算術
  • 第一不完全性定理 ほか)
  • 第2部 逆数学と2階算術(2階算術と部分体系
  • 数学の展開と逆数学
  • 逆数学周辺)
  • 第3部 ダイアレクティカ解釈(ダイアレクティカ解釈の背景
  • ダイアレクティカ解釈の概要
  • ダイアレクティカ解釈の展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不完全性定理と算術の体系
著作者等 田中 一之
書名ヨミ フカンゼンセイ テイリ ト サンジュツ ノ タイケイ
シリーズ名 ゲーデルと20世紀の論理学 / 田中一之 編 3
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2007.3
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-064097-8
NCID BA81128194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21220708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想