日本列島の地形学

太田陽子, 小池一之, 鎮西清高, 野上道男, 町田洋, 松田時彦 著

美しく変化に富む日本の地形はどうつくられてきたか。シリーズ『日本の地形』全巻編集委員の総力を結集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 変動帯日本列島の成り立ちと編年
  • 2 変動帯を特色づける山地・平野・火山の形成史
  • 3 第四紀における気候・海面変化に伴う地形変化
  • 4 変化しつつある日本の地形
  • 5 自然災害と地形の人工改変
  • 6 未来の地形と地形学の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本列島の地形学
著作者等 太田 陽子
小池 一之
松田 時彦
町田 洋
野上 道男
鎮西 清高
書名ヨミ ニホン レットウ ノ チケイガク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2010.1
ページ数 204p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-13-062717-7
NCID BB00816529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21784255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想