東条内閣総理大臣機密記録 : 東条英機大将言行録

伊藤隆 ほか編

本書は、太平洋戦争開戦時から昭和19年まで首相を務めた東条英機の、16年12月19日から19年9月21日までの日々の行動(日時と総理のその間の所在・会議など)を、秘書官・鹿岡円平が克明に記録したものを第一部に、また同・広橋真光が時々の首相の言行を記録した"広橋メモ"が収められており、昭和史の貴重な新資料発掘として注目を集めている、各種図書館、昭和史研究家必備の書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 東条内閣総理大臣機密記録(昭和16年
  • 昭和17年
  • 昭和18年
  • 昭和19年)
  • 第2部 東条英機大将言行録-広橋メモ(緒言
  • 昭和16年
  • 昭和17年
  • 昭和18年
  • 昭和19年
  • 昭和20年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東条内閣総理大臣機密記録 : 東条英機大将言行録
著作者等 片島 紀男
伊藤 隆
廣橋 眞光
広橋 真光
書名ヨミ トウジョウ ナイカク ソウリ ダイジン キミツ キロク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1990.8
ページ数 561, 13p
大きさ 22cm
ISBN 4130300717
NCID BN05087238
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90053800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想