SRO  2 (死の天使)

富樫倫太郎 著

強く死を願う患者の前に現れて、その願いを叶えてくれる-栃木県・下野東方病院関係者の間でささやかれる「死の天使」の噂。担当患者が亡くなった責任を取らされ、退職を強要された看護師からの投書を調べるうちに、新九郎たちSROは奇妙なことに気付く。新時代警察小説、待望のシリーズ第二弾。文庫書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 SRO
著作者等 富樫 倫太郎
書名別名 SRO

死の天使

SRO
シリーズ名 中公文庫 と26-10
巻冊次 2 (死の天使)
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.1
ページ数 368p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205427-1
NCID BB04920420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21913220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想