少女A(エー)の殺人

今邑彩 著

「養父に身体を触られるのが、嫌で嫌でたまりません。このままでは自殺するか、養父を殺してしまうかも-」深夜放送の人気DJのもとに届いたのは、「F女学院の少女A」という女子高生からのショッキングな手紙だった。家庭環境があてはまる生徒三名の養父は、物理教師、開業医、そして刑事。直後、そのうちのひとりが自宅で刺殺され…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 少女A(エー)の殺人
著作者等 今邑 彩
書名ヨミ ショウジョ A ノ サツジン
書名別名 少女Aの殺人
シリーズ名 中公文庫 い74-8
出版元 中央公論新社
刊行年月 2010.7
ページ数 411p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205338-0
NCID BB02812074
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21818062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想