料理王国 : 春夏秋冬

北大路魯山人 著

料理は芸術である。味だけではなく美の追及にこだわった魯山人の料理哲学は、素材へのこだわり、食器の審美眼から家庭料理の見直しや残肴への慈しみまで幅広く、美味道楽七十年に裏付けされた珠玉の言葉は永劫に響く。諸侯の美食談義批判や痛快な世界食べ歩きをも収録。魯山人が自ら手掛けた唯一の論考を初文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 料理する心
  • 味覚論語
  • 食通閑談
  • 世界食べある記:香辛料と調味料
  • 味ところどころ
  • 料理メモ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 料理王国 : 春夏秋冬
著作者等 北大路 魯山人
書名ヨミ リョウリ オウコク : シュンカ シュウトウ
書名別名 Ryori okoku
シリーズ名 中公文庫 き7-5
出版元 中央公論新社
刊行年月 2010.1
ページ数 304p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205270-3
NCID BB01058448
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21720920
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想