世界の歴史  21

樺山紘一, 礪波護, 山内昌之 編

世界に衝撃をあたえ、近代市民社会のゆく手を切りひらいた二つの革命は、どのように完遂されたのか。思想の推移、社会の激変、ゆれ動く民衆の姿を克明に描写し、神話化された栄光と理想だけでなく、現実との矛盾や葛藤も明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 啓蒙のかがり火、民衆のめざめ(植民地建設の息吹き
  • 植民地社会の多様化
  • 英本国に抗議する人びと
  • 独立へ、内部革命へ
  • 連邦体制の創設
  • 連邦共和国の発展と試練
  • リパブリカン政権の優位)
  • 第2部 革命の嵐がヨーロッパをつつむとき(1789年の燃える夏
  • 絶対王政が頑迷だったのか
  • 渦巻く出来事-三部会から憲法制定へ
  • 革命の軟着陸は可能か
  • 徳性と恐怖-ジャコバン独裁の時代へ
  • テルミドール反動と革命の収拾
  • ナポレオンのヨーロッパ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の歴史
著作者等 五十嵐 武士
山内 昌之
樺山 紘一
礪波 護
福井 憲彦
書名ヨミ セカイ ノ レキシ
書名別名 アメリカとフランスの革命
シリーズ名 中公文庫
巻冊次 21
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.4
ページ数 507p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205019-8
NCID BA85825407
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21431521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想