疫病と世界史  上

ウィリアム・H.マクニール 著 ; 佐々木昭夫 訳

アステカ帝国を一夜にして消滅させた天然痘など、突発的な疫病の流行は、歴史の流れを急変させ、文明の興亡に重大な影響を与えてきた。紀元前五〇〇年から紀元一二〇〇年まで、人類の歴史を大きく動かした感染症の流行を見る。従来の歴史家が顧みなかった流行病に焦点をあてて世界の歴史を描き出した名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 狩猟者としての人類
  • 第2章 歴史時代へ
  • 第3章 ユーラシア大陸における疾病常生地としての各文明圏の間の交流-紀元前五〇〇年から紀元一二〇〇年まで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 疫病と世界史
著作者等 McNeill, William Hardy
佐々木 昭夫
McNeill William H.
マクニール ウィリアム・H.
書名ヨミ エキビョウ ト セカイシ
書名別名 Plagues and peoples
シリーズ名 中公文庫
巻冊次
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.12
ページ数 275p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-204954-3
NCID BA84320482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21369680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想