完訳フロイス日本史  2 (織田信長篇 2)

ルイス・フロイス 著 ; 松田毅一, 川崎桃太 訳

信長秀吉から庶民まで、西欧知識人が活写した戦国日本の政治と文化と生活-。第二巻は、信長のフロイス謁見、日乗上人とフロイスの論争、南蛮寺建立の顛末などキリシタン宗門の躍進を描く。フロイスの観察と描写は委曲を尽し、信任厚かった信長の人間像は躍如としている。毎日出版文化賞、菊池寛賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ルイス・フロイス師が都から追放され、教会と家屋が異教徒に接収された次第
  • 堺で(日比屋)ディオゴ了珪の娘モニカに生じたこと、および彼女の母が娘の死に先立って改宗した次第
  • 堺における事態の進展、ならびに同地からもたらされた成果について
  • 堺でルイス・フロイス師がたずさわっていたもろもろの務め、ならびに同所で生じた他のことどもについて
  • 司祭を都へ連れ戻すことに関して翌(15)68年にさらに生じたことについて
  • 都地方の数名のキリシタンの所業と徳操について
  • 三ケサンチョ(頼照)殿が、その三ケの教会において、一司祭、一修道士、ならびに数名の高貴なキリシタン兵士たちの前で、都地方の改宗に関して行なった説話のこと
  • (織田)信長の素性、およびその性格、権勢、富、ならびに彼が到達した顕位と公方様の復位について
  • 信長がその統治の過程で行なった他のことどもについて
  • 信長が、和田殿の好意により、ルイス・フロイス師を都へ呼び戻すべく命じた次第〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 完訳フロイス日本史
著作者等 Fróis, Luís
川崎 桃太
松田 毅一
フロイス ルイス
書名ヨミ カンヤク フロイス ニホンシ
書名別名 織田信長篇

Kan'yaku furoisu nihonshi
シリーズ名 中公文庫
巻冊次 2 (織田信長篇 2)
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.2
ページ数 325p
大きさ 16cm
ISBN 4122035813
NCID BA45617299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20057122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ポルトガル語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想