山本五十六再考

野村実 著

ハワイ奇襲攻撃において山本みずから現地で指揮を執っていたら、戦局はどう変わっていたか。伏見宮博恭王が天皇と海軍に与えた影響の大きさは-。軍事史の専門家が長年にわたって渉猟した旧陸海軍第一級資料の詳細な検証に基づく、知られざる日本海軍の姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 天皇と伏見宮(ロンドン軍縮条約をめぐる対立
  • 軍令部総長・伏見宮
  • 伏見宮に遠慮した天皇 ほか)
  • 第2部 山本五十六再考(伏見宮・山本五十六負傷の真因
  • ロンドン会議の山本五十六
  • 米内軍令部総長案はなぜ潰れたか ほか)
  • 第3部 戦史こぼれ話(丁字戦法の立て役者は誰か
  • 吉田茂と消えた海軍機密文書
  • 逃した蘭印解放作戦の好機 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山本五十六再考
著作者等 野村 実
書名ヨミ ヤマモト イソロク サイコウ
書名別名 Yamamoto isoroku saiko
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1996.4
ページ数 377p
大きさ 16cm
ISBN 4122025796
NCID BN14483597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96072099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想