風雪の中の対話

日夏耿之介 著

稀有の詩人批評家=黄眠道人、その学識は東西古今にわたる。内面性を追求して断乎言い切る見解、こまやかな洞察、一貫した批評的見識は歯切れがいい-"明治の春""万葉教義問答""半世紀後の対話"等、戦後まもない政治的文化的激動期の世相時評、文化時評を試みる、想像上の対話集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治の春
  • さびの行方
  • 詩榻茶談
  • 月寂鐘細
  • 季節会談
  • 舞と句と雪
  • 時雨風流
  • 春と夏〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風雪の中の対話
著作者等 日夏 耿之介
書名ヨミ フウセツ ノ ナカ ノ タイワ
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.11
ページ数 244p
大きさ 16cm
ISBN 4122019486
NCID BN08472508
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93019397
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想