外交官の一生

石射猪太郎 著

著者は、吉林、上海各総領事、東亜局長として激動期の対中国外交の前面に立って、軍部の独走に抗しつつ戦争終結の道を模索し、最後は敗走のビルマ大使として終戦を迎えた。当時の日記をもとにつづった第1級の外交記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 発端
  • 外務省に奉職
  • 広東在勤
  • 天津在勤
  • サンフランシスコ在勤
  • ワシントン在勤
  • メキシコ在勤
  • 本省勤務
  • イギリス在勤
  • 吉林総領事時代
  • 上海総領事時代
  • シャム公使としての半年
  • 東亜局長時代-中日事変
  • オランダ公使時代
  • ブラジル大使時代
  • 待命大使時代
  • ビルマ大使時代
  • 依願免官、追放
  • 結尾3題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外交官の一生
著作者等 石射 猪太郎
書名ヨミ ガイコウカン ノ イッショウ
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1986.11
ページ数 520p
大きさ 16cm
ISBN 4122013763
NCID BN03267840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87007304
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想