美学への招待

佐々木健一 著

二〇世紀後半以降、あらゆる文化や文明が激しく急速に変化しているが、芸術の世界も例外ではない。複製がオリジナル以上の影響力を持ち、作品享受も美術館で正対して行うことから逸脱することが当たり前になってきている。本書は、芸術が、いま突きつけられている課題を、私たちが日常抱く素朴な感想や疑問を手がかりに解きほぐし、美と感性について思索することの快楽へといざなう、最新の「美学入門」である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 美学とは何だったのか
  • 第2章 センスの話
  • 第3章 カタカナのなかの美学
  • 第4章 コピーの芸術
  • 第5章 生のなかの芸術
  • 第6章 全身を耳にする
  • 第7章 しなやかな応答
  • 第8章 お好きなのはモーツァルトですか?
  • 第9章 近未来の美学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美学への招待
著作者等 佐々木 健一
書名ヨミ ビガク エノ ショウタイ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.3
ページ数 240p
大きさ 18cm
ISBN 4121017412
NCID BA66358745
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20590586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想