ヒンドゥー教 : インドの聖と俗

森本達雄 著

弁財天信仰、輪廻転生の思想などヒンドゥー教は、直接に、あるいは仏教を通して、意外にも古くからの日本人の暮らし、日常の信仰、思想に少なからぬ影響を与えてきた。本書は、世界四大宗教の一つでありながら、特定の開祖もなく、核となる聖典もない、いわばとらえどころのない宗教の世界観を日常の風景から丹念に追うことによって、インド社会の構造から、ガンディーの「非暴力」の行動原理までも考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ ヒンドゥー教と日本人
  • 第1章 ヒンドゥー教とはどんな宗教か
  • 第2章 ヒンドゥー教はいつ始まり、どのように発展したか
  • 第3章 ヒンドゥー教の支持基盤-カースト制度
  • 第4章 ヒンドゥー教のエートス
  • 第5章 ヒンドゥーの人生と生き方
  • 第6章 解脱に向かって
  • エピローグ シュリー・ラーマクリシュナの生涯と福音

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒンドゥー教 : インドの聖と俗
著作者等 森本 達雄
書名ヨミ ヒンドゥーキョウ : インド ノ セイ ト ゾク
書名別名 Hindukyo
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.7
ページ数 400p
大きさ 18cm
ISBN 4121017072
NCID BA62947449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20464863
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想