ユーモアのレッスン

外山滋比古 著

しゃれて気の利いたユーモアは、その場かぎりのものでなく、聞く者の記憶に長くとどまる。気まずい場の雰囲気をたちまち明るくし、ときに、厳しい追及をさらりと受け流すのにも役立つ。だが、ユーモアを発揮する側はもとより、それを感じとる側にも、洗練されたことばの感覚が必要である。本書は、思わず頬がゆるんでしまうエピソードをまじえながら、その効用に光を当てる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ユーモア問答(ユーモア
  • 語源
  • ユーモアとは
  • 難しさ
  • 視点転換 ほか)
  • 2 ユーモアさまざま(さよう、長期的に見れば
  • 人を食っている
  • アサリ軍水際撃滅作戦
  • ミシス・チムニー?
  • 親があっても)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユーモアのレッスン
著作者等 外山 滋比古
書名ヨミ ユーモア ノ レッスン
書名別名 Yumoa no ressun
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.6
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4121017021
NCID BA62549796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20467845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想