物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国

黒川祐次 著

ロシア帝国やソヴィエト連邦のもとで長く忍従を強いられながらも、独自の文化を失わず、有為の人材を輩出し続けたウクライナ。不撓不屈のアイデンティティは、どのように育まれてきたのか。スキタイの興亡、キエフ・ルーシ公国の隆盛、コサックの活躍から、一九九一年の新生ウクライナ誕生まで、この地をめぐる歴史を俯瞰。人口五〇〇〇万を数え、ロシアに次ぎヨーロッパ第二の広い国土を持つ、知られざる「大国」の素顔に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 スキタイ-騎馬と黄金の民族
  • 第2章 キエフ・ルーシ-ヨーロッパの大国
  • 第3章 リトアニア・ポーランドの時代
  • 第4章 コサックの栄光と挫折
  • 第5章 ロシア・オーストリア両帝国の支配
  • 第6章 中央ラーダ-つかの間の独立
  • 第7章 ソ連の時代
  • 第8章 三五〇年間待った独立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国
著作者等 黒川 祐次
書名ヨミ モノガタリ ウクライナ ノ レキシ : ヨーロッパ サイゴ ノ タイコク
書名別名 Monogatari ukuraina no rekishi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2002.8
ページ数 268p
大きさ 18cm
ISBN 4121016556
NCID BA58381220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20312319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想