吸血鬼伝承 : 「生ける死体」の民俗学

平賀英一郎 著

「吸血鬼」はホラーの主人公としてこの世に生を享けたわけではない。それは、人びとが切実に恐れる一つの"現象"だった。東欧を中心に、吸血鬼にまつわる伝説・昔話・公文書・俗信の記録などを丹念に読み解くと、そこには、人びとの信仰や禁忌の有様、疫病や戦争、そして死そのものへの不安が色濃く影を落としていることがわかる。民族によって多様な姿で語り継がれてきた「生ける死体」たちとは何者なのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 フォークロア的前提
  • 2 民族の伝承を訪ねて
  • 3 東欧の「吸血鬼」像
  • 4 「ヴァンパイア」を追って
  • 5 吸血鬼と歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吸血鬼伝承 : 「生ける死体」の民俗学
著作者等 平賀 英一郎
書名ヨミ キュウケツキ デンショウ : イケル シタイ ノ ミンゾクガク
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.11
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 4121015614
NCID BA49379137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想