老いはこうしてつくられる : こころとからだの加齢変化

正高信男 著

またげると思ったバーが越えられない。痛みを表現する適当なことばが見つからない。このようなとき、人は老いを自覚する。しかし同じ年齢でも気力の充実した人もいれば、見るからに老いを感じさせる人もいる。このような個人差はなぜ出てくるのだろうか。本書は、からだの老化がいかにしてこころの老いを導くのかを独創的発想による実験で具体的に考察しながら、人々がからだの老化を受容し、こころの老いを防ぐ方法を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 寝たきり老人の調査から
  • 第1章 脚の衰えとアフォーダンスの知覚
  • 第2章 痛みをどう表現するか
  • 第3章 高齢者は感情に乏しいか?
  • 第4章 年寄り扱いのはじまり
  • 第5章 将来への悲観がはじまるとき
  • 第6章 高齢者心理は誤解されている

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老いはこうしてつくられる : こころとからだの加齢変化
著作者等 正高 信男
書名ヨミ オイ ワ コウシテ ツクラレル : ココロ ト カラダ ノ カレイ ヘンカ
書名別名 Oi wa koshite tsukurareru
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.2
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 4121015185
NCID BA45483206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20055222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想