幕末の小笠原 : 欧米の捕鯨船で栄えた緑の島

田中弘之 著

世界的捕鯨漁隆盛の時代に楽園の島をみまった領有権の行方。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 無人島の発見
  • 探検船と捕鯨船
  • アヘン戦争と小笠原島
  • 無人島への憧れと蛮社の獄
  • ペリー艦隊の来航
  • 高まる小笠原島回収計画
  • 上陸
  • 入植と捕鯨
  • 日本人の撤退とホートン事件
  • 明治新政府の小笠原島回収
  • 近代の小笠原島

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末の小笠原 : 欧米の捕鯨船で栄えた緑の島
著作者等 田中 弘之
書名ヨミ バクマツ ノ オガサワラ : オウベイ ノ ホゲイセン デ サカエタ ミドリ ノ シマ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1997.10
ページ数 273p
大きさ 18cm
ISBN 4121013883
NCID BA32799896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99023560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想