荻生徂徠 : 江戸のドン・キホーテ

野口武彦 著

荻生徂徠-。名のみいたずらに高いが、著作はどのくらい読まれているか。中国の古典書を読みぬいて『論語徴』をあらわしたこの思想家は、紀元前六世紀の春秋時代に向けた歴史の眼を、十八世紀の江戸時代の現実にふりもどす。『太平策』・『政談』の時局案、ここにあり。学者はその仕事を現実に還元しなくてはならない。純粋な学問探究がいつしか同時代の問題を背負いこむ運命になった人間・荻生徂徠の生涯が、いまここによみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 わが隣人-徂徠
  • 第2章 徂徠学とその未生以前
  • 第3章 先行機、応答せよ
  • 第4章 車を数えて車無し-メタ言語・メタ歴史
  • メタ貨幣
  • 第5章 失われた礼楽を求めて-『論語徴』の世界
  • 第6章 天と信仰と寵霊
  • 第7章 絶対王権の夢-『太平策』と『政談』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荻生徂徠 : 江戸のドン・キホーテ
著作者等 野口 武彦
書名ヨミ オギュウ ソライ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.11
ページ数 317p
大きさ 18cm
ISBN 4121011619
NCID BN09965271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94021524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想