ロンドン塔 : 光と影の九百年

出口保夫 著

ロンドン塔は、現在の静謐な姿の裏に、九百年に及ぶ華麗にして非惨な歴史を宿している。本書は、塔以前のローマ時代の砦から、ウィリアム征服王による築城、中世から近世への流血の時代を経て次第に世俗化してゆき、今日に到るロンドンの象徴を通覧する読物である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ロンドン塔再訪
  • 「塔」の築城
  • 華麗な「塔」の完成
  • 中世動乱期の「塔」
  • 流血の時代
  • 「塔」の刻字
  • 世俗化した近代の「塔」
  • 漱石と『倫敦塔』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロンドン塔 : 光と影の九百年
著作者等 出口 保夫
書名ヨミ ロンドントウ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.7
ページ数 182p
大きさ 18cm
ISBN 4121011414
NCID BN0942638X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93065426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想