大学淘汰の時代 : 消費社会の高等教育

喜多村和之 著

大学は、12世紀以来、基本的なシステムを殆ど変化させないまま現在まで継承している稀有な存在である。ことに日本では、実質的な廃校や閉鎖を経験した大学がないため、大学を不老不死の安定した制度として認識してきた。しかし欧米では集中的な誕生と淘汰とが行なわれてきたのが大学の歴史である。本書は、青年人口の減少が予想される今後、学生が大学を評価・選択してゆくなかで大学が生き残る条件とは何かを探るものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-自動車産業と大学
  • 第1章 《大学衰退と倒産》の妖怪
  • 第2章 大学の《生成淘汰》の歴史
  • 第3章 《教授団革命》と《学生消費者主義》の時代
  • 第4章 大学の《生残り》競争
  • 第5章 競争と評価
  • エピローグ-大学制度存続の条件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学淘汰の時代 : 消費社会の高等教育
著作者等 喜多村 和之
書名ヨミ ダイガク トウタ ノ ジダイ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.3
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 4121009657
NCID BN0446932X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90052780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想