鉄炮伝来 : 兵器が語る近世の誕生

宇田川武久 著

日本に鉄炮を伝えたのは、ポルトガル人ではなく倭寇だった。この新兵器の普及により、群雄争う戦国の世は一変、織田信長という寵児を生み、天下一統が成る。伝来当初は贈答品にすぎなかった鉄炮が、いったん合戦の場で威力を示すと、諸大名は先を競ってその装備を急ぎ、生産は飛躍的に高まった。この波紋は文禄・慶長の戦いの中で、朝鮮にも多大の影響を与えることになる。歴史の歩みを加速させた兵器を、文化として検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 鉄炮伝来の実像-新兵器渡来の謎
  • 2 西南戦国大名の新兵器受容-国内への伝播
  • 3 東国の戦国大名と鉄炮-東への波及
  • 4 統一政権の成立と鉄炮の定着-小銃から大砲へ
  • 5 海を渡った火縄銃-アジアへの伝播
  • 6 徳川政権誕生と火砲-動乱から平和へ
  • 7 砲術の成立-火薬製造法から秘伝書へ
  • 8 日本鉄炮研究小史-立ちおくれた体系化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉄炮伝来 : 兵器が語る近世の誕生
著作者等 宇田川 武久
書名ヨミ テッポウ デンライ
書名別名 Teppo denrai
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.2
ページ数 182p
大きさ 18cm
ISBN 4121009622
NCID BN04382913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90046721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想