国が亡びるということ : 本当のことを語っているのは誰か

竹中平蔵, 佐藤優 著

震災復興、TPP、ギリシア危機、中国・ロシア・北朝鮮との付き合い方…、いつからだろう?日本で「当たり前」の思考が「当たり前」と受け取られなくなったのは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ウォーミングアップ 私とマルクス
  • 1 大きなところを間違う日本(ケインズは「ケインズ政策」を口にしない
  • 「マル経」で説明できる経済危機 ほか)
  • 2 官僚の劣化、その根底にあるもの(震災で見えた日本の基礎体力
  • "ネット社会"初の大震災 ほか)
  • 3 欧州、北朝鮮、そしてイラン(ギリシア人はなぜ「働かない」のか
  • 経済ブロックを志向するロシア ほか)
  • 4 日本が世界に喰われないために(「余人をもって代え難し」でいいのか
  • 危機に直面した人間の「四類型」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国が亡びるということ : 本当のことを語っているのは誰か
著作者等 佐藤 優
竹中 平蔵
書名ヨミ クニ ガ ホロビル ト イウ コト : ホントウ ノ コト オ カタッテ イル ノワ ダレカ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.4
ページ数 205p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-004371-0
NCID BB09071530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想