「反原発」の不都合な真実

藤沢数希 著

3.11以降、原発を絶対悪と決め付け、その廃絶こそが「正義」という論調がマスコミでは吹き荒れている。しかし、この世にリスクのない技術は存在しない。原子力を代替するはずの「自然エネルギー」の実力のみならず、転換するリスクや懸念材料を冷静に見つめるべきではないだろうか。そんな感情論を超えた議論のために、原子力技術、放射線と健康被害、経済的影響を検討し、将来を見据えたエネルギー政策を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 原子力で命を守りたい
  • 第2章 放射線のリスクとは?
  • 第3章 自然エネルギーの不都合な真実
  • 第4章 化石燃料と地球環境問題
  • 第5章 救える命の数は経済の豊かさに比例する
  • 第6章 原子力を理解する
  • 第7章 エネルギーの未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「反原発」の不都合な真実
著作者等 藤沢 数希
書名ヨミ ハン ゲンパツ ノ フツゴウナ シンジツ
書名別名 Han genpatsu no futsugona shinjitsu
シリーズ名 新潮新書 457
出版元 新潮社
刊行年月 2012.2
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610457-2
NCID BB08285437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22056296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想