愛子さまと悠仁さま : 本家のプリンセスと分家のプリンス

大島真生 著

四一年ぶりの男児でも、ここまで違うものなのか。皇室にはどこよりも、生まれた家の違い、男女の差が歴然と存在していた-。名づけ親、儀式の内容、ボディーガードの数、一家の予算、皇居を訪ねる際に通る門…。何から何まで、愛子さまと悠仁さまでははっきり異なる。その「立場の差」が意味するものとは何か。現役の宮内庁担当記者が、五歳違いのおふたりの成長から読み解く平成の皇室、その未来。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 皇太子家と宮家
  • 第2章 女の子と男の子
  • 第3章 宮内庁病院と愛育病院
  • 第4章 愛子さま「語録」と全活動データ
  • 第5章 プリンス誕生のドラマ
  • 第6章 赤誠の皇宮護衛官たち
  • 第7章 しつけから帝王学へ
  • 第8章 恋人選びと結婚
  • 第9章 結婚の儀
  • 第10章 皇室典範をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愛子さまと悠仁さま : 本家のプリンセスと分家のプリンス
著作者等 大島 真生
書名ヨミ アイコサマ ト ヒサヒトサマ : ホンケ ノ プリンセス ト ブンケ ノ プリンス
書名別名 Aikosama to hisahitosama
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2007.9
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610230-1
NCID BA83029590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21296829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想