ウェブ人間論

梅田望夫, 平野啓一郎 著

日本におけるインターネット元年から十年。今、ウェブ2・0という新たな局面を迎え、本当の大変化が始まろうとしている。「ウェブ進化」によって、世の中はどう変わりつつあるのか、そして人間そのものはどう変容していくのか-。ビジネスとテクノロジーの世界に住む梅田望夫と、文学の世界に生きる平野啓一郎が、その変化の本質と未来を徹底的に話し合った、熱く刺激的なウェブ論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ウェブ世界で生きる(ネットの世界に住んでいる
  • 検索がすべての中心になる ほか)
  • 第2章 匿名社会のサバイバル術(ネットなしではやっていけない
  • 五種類の言説 ほか)
  • 第3章 本、iPod、グーグル、そしてユーチューブ(表現者の著作権問題
  • 「立ち読み」の吸引力 ほか)
  • 第4章 人間はどう「進化」するのか(ブログで自分を発見する
  • 「島宇宙」化していく ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウェブ人間論
著作者等 平野 啓一郎
梅田 望夫
書名ヨミ ウェブ ニンゲン ロン
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2006.12
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 4106101939
NCID BA79684537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21162951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想