貝と羊の中国人

加藤徹 著

財、貨、賭、買…。義、美、善、養…。貝のつく漢字と羊のつく漢字から、中国人の深層が垣間見える。多神教的で有形の財貨を好んだ殷人の貝の文化。一神教的で無形の主義を重んじた周人の羊の文化。「ホンネ」と「タテマエ」を巧みに使い分ける中国人の祖型は、三千年前の殷周革命にあった。漢字、語法、流民、人口、英雄、領土、国名など、あらゆる角度から、斬新かつ大胆な切り口で、中国と中国人の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 貝の文化 羊の文化
  • 第2章 流浪のノウハウ
  • 第3章 中国人の頭の中
  • 第4章 人口から見た中国史
  • 第5章 ヒーローと社会階級
  • 第6章 地政学から見た中国
  • 第7章 黄帝と神武天皇
  • 終章 中国社会の多面性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貝と羊の中国人
著作者等 加藤 徹
書名ヨミ カイ ト ヒツジ ノ チュウゴクジン
書名別名 Kai to hitsuji no chugokujin
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2006.6
ページ数 255p
大きさ 18cm
ISBN 4106101696
NCID BA77261226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21060168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想