小堀遠州綺麗さびの極み

小堀宗実, 熊倉功夫, 磯崎新, 龍居竹之介 ほか著

茶人として茶の湯を総合芸術に高め、作庭家として日本の庭の新しいスタイルを確立し、作事奉行として禁裏・幕府の建造物を担当。まさに、八面六臂の活躍を果たした小堀遠州。彼の愛した"綺麗さび"の世界とは何か?この万能の達人の全貌に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 泰平の世の茶の湯を拓く-茶人としての遠州(わび・カブキ・きれい-小堀遠州の茶の湯の系譜)
  • 第2章 自然と人工を調和させる名手-建築家・作庭家としての遠州(江戸の"アートディレクター"小堀遠州の建築術
  • 四通八達の庭づくり)
  • 第3章 今に伝える「綺麗さび」のこころ-総合芸術家としての遠州(思いやりの美、「綺麗さび」)
  • 第4章 武士から凄腕テクノクラートへ-公人としての遠州(小堀遠州とその周辺)
  • 全国遠州ゆかりの地を巡る
  • 小堀遠州略年譜-「平穏にして豊かなる生涯」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小堀遠州綺麗さびの極み
著作者等 小堀 宗実
熊倉 功夫
磯崎 新
竜居 竹之介
書名ヨミ コボリ エンシュウ キレイ サビ ノ キワミ
シリーズ名 とんぼの本
出版元 新潮社
刊行年月 2006.6
ページ数 127p
大きさ 21cm
ISBN 4106021447
NCID BA77525383
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21068875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想