散るぞ悲しき : 硫黄島総指揮官・栗林忠道

梯久美子 著

娘よ!妻よ!絶海の孤島からの手紙が胸を打つ-水涸れ弾尽きる凄惨な戦場と化した、本土防衛の最前線・硫黄島。その知略で米軍を最も怖れさせた陸軍中将栗林忠道は、粗末なテントに起居しながら、留守宅の幼い末娘を夢に見、お勝手の隙間風や空襲の心配をする愛情こまやかな父でもあった-。死よりも、苦しい生を生きた烈々たる記録。感涙のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 出征
  • 第2章 22km2の荒野
  • 第3章 作戦
  • 第4章 覚悟
  • 第5章 家族
  • 第6章 米軍上陸
  • 第7章 骨踏む島
  • 第8章 兵士たちの手紙
  • 第9章 戦闘
  • 第10章 最期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 散るぞ悲しき : 硫黄島総指揮官・栗林忠道
著作者等 梯 久美子
書名ヨミ チルゾ カナシキ : イオウトウ ソウシキカン クリバヤシ タダミチ
出版元 新潮社
刊行年月 2005.7
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 4104774014
NCID BA73327752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20842190
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想