殺人犯はそこにいる : 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件

清水潔 著

栃木県足利市、群馬県太田市という隣接する2市で、4歳から8歳の5人の少女が誘拐または殺害されているという重大事件。その中の一つが、あの「足利事件」である。一連の事件を同一犯による連続事件だと喝破した著者は、「足利事件」冤罪の可能性を報じて菅家さんを釈放へ導くとともに、徹底した取材によって、ついに「真犯人」を炙り出した-!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 動機
  • 第2章 現場
  • 第3章 受託
  • 第4章 決断
  • 第5章 報道
  • 第6章 成果
  • 第7章 追跡
  • 第8章 混線
  • 第9章 激震
  • 第10章 峠道
  • 第11章 警鐘

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 殺人犯はそこにいる : 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件
著作者等 清水 潔
書名ヨミ サツジンハン ワ ソコ ニ イル : インペイ サレタ キタカントウ レンゾク ヨウジョ ユウカイ サツジン ジケン
書名別名 Satsujinhan wa soko ni iru
出版元 新潮社
刊行年月 2013.12
ページ数 335p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-440502-2
NCID BB14508412
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22349051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想