われ万死に値す : ドキュメント竹下登

岩瀬達哉 著

「私自身顧みて、罪万死に値する…」平成四年、衆議院予算委員会の証人喚問で竹下はこう述懐した。その"罪"とは何か。前妻の自殺、父との確執、野心と隠忍、「竹下王国」の錬金術、そして、金にまみれた秘書たちの死…。にこやかな仮面の下に、竹下は何を隠蔽してきたのか-。出身地・島根県に密かに伝えられる「タブー」をはじめ、"ホメ殺し"皇民党事件をめぐる衝撃の背景を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 暗く深き「業」
  • 2 竹下グループの「手法」
  • 3 野心と隠忍
  • 4 パチンコと賭麻雀
  • 5 秘書たちの悲劇
  • 6 竹下王国の錬金術
  • 7 皇民党事件の深層
  • 8 闇の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 われ万死に値す : ドキュメント竹下登
著作者等 岩瀬 達哉
書名ヨミ ワレ バンシ ニ アタイス : ドキュメント タケシタ ノボル
出版元 新潮社
刊行年月 1999.9
ページ数 231p
大きさ 20cm
ISBN 4104325015
NCID BA43358076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20004052
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想