家守綺譚

梨木香歩 著

たとえばたとえば。サルスベリの木に惚れられたり。床の間の掛軸から亡友の訪問を受けたり。飼い犬は河瞳と懇意になったり。白木蓮がタツノオトシゴを孕んだり。庭のはずれにマリア様がお出ましになったり。散りぎわの桜が暇乞いに来たり。と、いった次第の本書は、四季おりおりの天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」と、庭つき池つき電燈つき二階屋との、のびやかな交歓の記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • サルスベリ
  • 都わすれ
  • ヒツジグサ
  • ダァリヤ
  • ドクダミ
  • カラスウリ
  • 竹の花
  • 白木蓮
  • 木槿
  • ツリガネニンジン〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家守綺譚
著作者等 梨木 香歩
書名ヨミ イエモリ キダン
出版元 新潮社
刊行年月 2004.1
ページ数 155p
大きさ 20cm
ISBN 4104299030
NCID BA66555597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20541199
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想