子規の音

森まゆみ 著

病に伏した子規は目に映る景色で五感を鍛え、最期まで句や歌を作り続けた。幕末の松山から東京まで足跡を丹念に辿り、日常生活の中での姿を描き出す新しい正岡子規伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 松山の人-慶応三年〜明治十六年
  • 東京転々-明治十六〜十九年
  • 神田界隈-明治二十年
  • 向島月香楼-明治二十一年
  • 本郷常盤会寄宿舎-明治二十二年
  • ベースボールとつくし採り-明治二十三年
  • 菅笠の旅-明治二十四年
  • 谷中天王寺町二十一番地-明治二十五年
  • 下谷区上根岸八十八番地-明治二十五年
  • 神田雉子町・日本新聞社-明治二十六年〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子規の音
著作者等 森 まゆみ
書名ヨミ シキ ノ オト
書名別名 Shiki no oto
出版元 新潮社
刊行年月 2017.4
ページ数 393p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-410004-0
NCID BB23683082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22908169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想