文士の舌

嵐山光三郎 著

鴎外、漱石から川端、三島、向田邦子、開高健まで-24人の「舌」が選んだ、明治・大正・昭和の味。ミシュランにも負けない、文と食の達人「御用達の名店」徹底ガイド。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 森鴎外と「蓮玉庵」(上野・そば)
  • 夏目漱石と「松栄亭」(神田淡路町・洋食)
  • 泉鏡花と「うを徳」(神楽坂・割烹)
  • 永井荷風と「アリゾナ」(浅草・洋食)
  • 斎藤茂吉と「竹葉亭」(銀座・うなぎ料理)
  • 高村光太郎と「米久」(浅草・牛鍋)
  • 谷崎潤一郎と「浜作」(銀座・関西割烹)
  • 岡本かの子と「駒形どぜう」(駒形・どじょう料理)
  • 川端康成と「銀座キャンドル」(銀座・洋食)
  • 林芙美子と「いわしや」(銀座・いわし料理)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文士の舌
著作者等 嵐山 光三郎
書名ヨミ ブンシ ノ シタ
書名別名 Bunshi no shita
出版元 新潮社
刊行年月 2010.12
ページ数 199p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-360105-0
NCID BB0484766X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21880666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想