追悼の達人

嵐山光三郎 著

文士は追悼に命を賭ける。追悼ハ珠玉ノ感涙文芸デアル。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治(正岡子規-死んで百余の句となる
  • 尾崎紅葉-親分は哀しい
  • 小泉八雲-死もまた「怪談」 ほか)
  • 大正(上田敏-葬式に行かない理由
  • 夏目漱石-漱石をけなした人々
  • 岩野泡鳴-ちょうど死にごろ ほか)
  • 昭和(芥川龍之介-「お父さん、よかったですね」
  • 若山牧水-アル中患者を成仏させる
  • 小山内薫-役者は死人にすがりつく ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 追悼の達人
著作者等 嵐山 光三郎
書名ヨミ ツイトウ ノ タツジン
書名別名 Tsuito no tatsujin
出版元 新潮社
刊行年月 1999.12
ページ数 444p
大きさ 19cm
ISBN 4103601035
NCID BA45339378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20024175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想