ねじまき鳥クロニクル  第3部 (鳥刺し男編)

村上春樹 著

奇妙な夏が終わり、井戸は埋められた。そして人々はみんなどこかに去っていった。ねじまき鳥の声ももう聞こえない。僕に残されたのは、頬の深く青いあざと、謎の青年から引き渡された野球のバットだけだ。でも僕はやがて知ることになる-何かが僕を新しい場所に導こうとしていることを。意識と過去の帳の奥に隠されたねじのありかを求めて、地図のない冒険の旅が開始される。そしてその僕の前に、ねじまき鳥の年代記(クロニクル)が、橇の鈴音とともに静かにひもとかれる。完結編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ねじまき鳥クロニクル
著作者等 村上 春樹
書名ヨミ ネジマキドリ クロニクル
書名別名 鳥刺し男編

Nejimakidori kuronikuru
巻冊次 第3部 (鳥刺し男編)
出版元 新潮社
刊行年月 1995.8
ページ数 492p
大きさ 20cm
ISBN 4103534052
NCID BN10565907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96001621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想