木村蒹葭堂のサロン

中村真一郎 著

画家、文人、学者ばかりでなく実力大名や外人たちまでが交流を求め、支援を惜しまなかった木対蒹葭堂世粛とはどのような人物なのか?幕府に睨まれながら、自邸を知識人たちの集まるサロンとしたり、あるいは書画や本草学・医学・蘭学の貴重な文物や標本を蒐集する私設博物館のようにした。いったいそこにはどのような人物が来て、どのような交流がおこなわれたのか?畢生の史伝大作、遺稿を加え完成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出会いと意図
  • 誕生と生長
  • 蒹葭堂開館
  • 諸家の蒹葭堂記
  • 補遺一束
  • 日記開始
  • 交遊の拡大
  • 世粛と蘭学
  • 蒹葭堂全盛
  • 酒造違反と伊勢引退
  • 文人画家世粛
  • 学芸界の人々
  • 晩年と終焉
  • 歿後と後世

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 木村蒹葭堂のサロン
著作者等 中村 真一郎
書名ヨミ キムラ ケンカドウ ノ サロン
書名別名 Kimura kenkado no saron
出版元 新潮社
刊行年月 2000.3
ページ数 758p
大きさ 22cm
ISBN 4103155213
NCID BA46247300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20054838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想