消された一家 : 北九州・連続監禁殺人事件

豊田正義 著

被害者は妻の父・母・妹夫婦・姪・甥…。「天才殺人鬼」松永太は、一家をマンションに監禁し、「殺す者」と「殺される者」を指示した。彼らは抵抗も逃亡もせず、互いを殺し合った。遺体はバラバラに解体された。ついに妻一人を残し、家族は消滅した-。七人が抹殺された"史上最悪"の密室事件。衝撃のホラー・ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消された一家 : 北九州・連続監禁殺人事件
著作者等 豊田 正義
書名ヨミ ケサレタ イッカ : キタキュウシュウ レンゾク カンキン サツジン ジケン
出版元 新潮社
刊行年月 2005.11
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 4103005114
NCID BA74810860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20934469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想