戦争と平和  1

トルストイ [著] ; 工藤精一郎 訳

19世紀初頭、ナポレオンのロシア侵入という歴史的大事件に際して発揮されたロシア人の民族性を、貴族社会と民衆のありさまを余すところなく描きつくすことを通して謳いあげた一大叙事詩。1805年アウステルリッツの会戦でフランス軍に打ち破られ、もどってきた平和な暮しのなかにも、きたるべき危機の予感がただようロシ社交界の雰囲気を描きだすところから物語の幕があがる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と平和
著作者等 Tolstoy, Leo
Tolstoy, Leo, graf
工藤 精一郎
トルストイ
書名ヨミ センソウ ト ヘイワ
書名別名 Война и мир

Senso to heiwa
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次 1
出版元 新潮社
刊行年月 2005.8
版表示 52刷改版
ページ数 677p
大きさ 16cm
ISBN 4102060138
NCID BA7398013X
BN05108495
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20973913
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想