カラマーゾフの兄弟  中巻

ドストエフスキー [著] ; 原卓也 訳

19世紀中期、価値観の変動が激しく、無神論が横行する混乱期のロシア社会の中で、アリョーシャの精神的支柱となっていたゾシマ長老が死去する。その直後、遺産相続と、共通の愛人グルーシェニカをめぐる父フョードルと長兄ドミートリイとの醜悪な争いのうちに、謎のフョードル殺害事件が発生し、ドミートリイは、父親殺しの嫌疑で尋問され、容疑者として連行される。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カラマーゾフの兄弟
著作者等 Dostoyevsky, Fyodor
Dostoyevsky, Fyodor M.
原 卓也
ドストエフスキー
書名ヨミ カラマーゾフ ノ キョウダイ
書名別名 Братья Карамазовы
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次 中巻
出版元 新潮社
刊行年月 2004.1
版表示 47刷改版
ページ数 615p
大きさ 16cm
ISBN 4102010114
NCID BN01514552
BA67493269
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20689248
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想