書と文字は面白い

石川九楊 著

「家」や「王」といった漢字はどのように生れたのか?ペン習字は役に立つのか?芸能人のサインの起源は?「文字ではない書」っていったい何-?斯界きっての論客として知られる書家が、古代中国の甲骨文や王羲之、顔真卿から、いしいひさいち漫画に至るまで、古今東西の書と文字を俎上にのせ、縦横無尽に考察するコラム集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文字
  • 2 文字の美、書の美
  • 3 書字と文字
  • 4 中国書史
  • 5 日本書史
  • 6 近代書史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書と文字は面白い
著作者等 石川 九楊
書名ヨミ ショ ト モンジ ワ オモシロイ
書名別名 Sho to monji wa omoshiroi
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1996.8
ページ数 298p
大きさ 15cm
ISBN 4101483116
NCID BN14833167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97014196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想