白洲正子自伝

白洲正子 著

いったい、白洲正子という人は、いかにしてかの「白洲正子」になったのか-。初太刀の一撃に命を賭ける示現流・薩摩隼人の度胸を、魂深く受け継いだ人。危うきに遊んだ名人たちとの真剣勝負を通じて、生はもちろん死の豊饒をも存分に感得した人。ものの意匠に何らとらわれることなく、本来の裸形をしかと見すえ続けてきた人。その人が、その人自身の来し方に目をむける時…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 祖父・樺山資紀
  • ふたりの祖父
  • 隼人の国
  • 富士の裾野にて
  • 母なる富士
  • 故里は遠くにありて
  • 麹町区永田町一丁目十七番地
  • わが一族
  • 縁ふかき女性たち
  • あいのて〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白洲正子自伝
著作者等 白洲 正子
書名ヨミ シラス マサコ ジデン
書名別名 Shirasu masako jiden
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1999.10
ページ数 302p
大きさ 16cm
ISBN 4101379076
NCID BA43369480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20004193
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想