ワシントンハイツ : GHQが東京に刻んだ戦後

秋尾沙戸子 著

終戦からほどなく、東京の真ん中に827戸を擁する米軍家族住宅エリアが出現した。その名も「ワシントンハイツ」。「日本の中のアメリカ」の華やかで近代的な生活は、焼け野原の日本人にアメリカ的豊かさへの憧れを強烈に植え付けた。現代日本の「原点」ともいうべき占領期を、日米双方の新資料と貴重な証言から洗いなおした傑作ノンフィクション。日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 帝国アメリカの残像
  • 青山表参道の地獄絵図
  • ある建築家の功罪と苦悩
  • 「ミズーリ」の屈辱
  • 乗っ取られた代々木原宿
  • オキュパイド・ジャパン
  • かくて女性たちの視線を
  • GHQデザインブランチ
  • まずは娯楽ありき
  • 有閑マダムの退屈な日々〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワシントンハイツ : GHQが東京に刻んだ戦後
著作者等 秋尾 沙戸子
書名ヨミ ワシントン ハイツ : GHQ ガ トウキョウ ニ キザンダ センゴ
シリーズ名 新潮文庫 あ-68-1
出版元 新潮社
刊行年月 2011.8
ページ数 545p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-135986-1
NCID BB06405378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21966816
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想