百鬼園随筆

内田百間 著

漱石門下の異才・内田百〓の代表的著作のひとつに数えられるこの随筆集は、昭和8年に上梓されるや大いに評判を呼び、昭和初期の随筆ブームの先駆けとなった。漱石の思い出から自らの借金話まで、軽妙洒脱、かつ飄逸な味わいを持つ独特の名文で綴られた作品群は、まさに香り高い美酒の滋味妙味たっぷり。洛陽の紙価を高めた古典的名著が、読みやすい新字新かな遣いで新潮文庫に登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 短章二十二篇(琥珀
  • 見送り
  • 虎列刺 ほか)
  • 貧乏五色揚(大人片伝
  • 無恒債者無恒心
  • 百鬼園新装 ほか)
  • 七草雑炊(フロックコート
  • 素琴先生
  • 蜻蛉玉 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 百鬼園随筆
著作者等 内田 百間
内田 百〓
書名ヨミ ヒャッキエン ズイヒツ
書名別名 Hyakkien zuihitsu
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2002.5
ページ数 362p
大きさ 16cm
ISBN 4101356319
NCID BA56570594
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20278651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想