暗渠の宿

西村賢太 著

貧困に喘ぎ、暴言をまき散らし、女性のぬくもりを求め街を彷徨えば手酷く裏切られる。屈辱にまみれた小心を、酒の力で奮い立たせても、またやり場ない怒りに身を焼かれるばかり。路上に果てた大正期の小説家・藤澤清造に熱烈に傾倒し、破滅のふちで喘ぐ男の内面を、異様な迫力で描く劇薬のような私小説二篇。デビュー作「けがれなき酒のへど」を併録した野間文芸新人賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暗渠の宿
著作者等 西村 賢太
書名ヨミ アンキョ ノ ヤド
シリーズ名 新潮文庫 に-23-1
出版元 新潮社
刊行年月 2010.2
ページ数 196p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-131281-1
NCID BB01064575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21709963
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想