幕末史

半藤一利 著

嘉永六年(一八五三)六月、ペリー率いる米艦隊が浦賀沖に出現。役人たちは周章狼狽する。やがて京の都はテロに震えだし、坂本龍馬も非業の死を遂げる。将軍慶喜は朝敵となり、江戸城は開城、戊辰戦争が起こる。新政府が樹立され、下野した西郷隆盛は西南戦争で城山の地に没す-。波乱に満ち溢れた二十五年間と歴史を動かした様々な男たちを、著者独自の切り口で、語り尽くす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「御瓦解」と「御一新」
  • 幕末のいちばん長い日
  • 攘夷派・開国派・一橋派・紀伊派
  • 和宮降嫁と公武合体論
  • テロに震撼する京の町
  • すさまじき権力闘争
  • 皇国の御為に砕身尽力
  • 将軍死す、天皇も死す
  • 徳川慶喜、ついに朝敵となる
  • 勝海舟と西郷隆盛
  • 戊辰戦争の戦死者たち
  • 新政府の海図なしの船出
  • 国民皆兵と不平士族
  • 西郷どん、城山に死す
  • だれもいなくなった後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末史
著作者等 半藤 一利
書名ヨミ バクマツシ
シリーズ名 新潮文庫 は-56-1
出版元 新潮社
刊行年月 2012.11
ページ数 512p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-127181-1
NCID BB10575032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22166314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想