渡りの足跡

梨木香歩 著

この鳥たちが話してくれたら、それはきっと人間に負けないくらいの冒険譚になるに違いない-。一万キロを無着陸で飛び続けることもある、壮大なスケールの「渡り」。案内人に導かれ、命がけで旅立つ鳥たちの足跡を訪ねて、知床、諏訪湖、カムチャッカへ。ひとつの生命体の、その意志の向こうにあるものとは何か。創作の根源にあるテーマを浮き彫りにする、奇跡を見つめた旅の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 風を測る
  • 囀る
  • コースを違える
  • 鳥が町の上空を通過してゆく
  • 渡りの先の大地
  • 案内するもの
  • もっと違う場所・帰りたい場所
  • 知床半島の上空を、雲はやがて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渡りの足跡
著作者等 梨木 香歩
書名ヨミ ワタリ ノ アシアト
書名別名 Watari no ashiato
シリーズ名 新潮文庫 な-37-10
出版元 新潮社
刊行年月 2013.3
ページ数 253p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-125340-4
NCID BB11925253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22211755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想