沼地のある森を抜けて

梨木香歩 著

はじまりは、「ぬかどこ」だった。先祖伝来のぬか床が、うめくのだ-「ぬかどこ」に由来する奇妙な出来事に導かれ、久美は故郷の島、森の沼地へと進み入る。そこで何が起きたのか。濃厚な緑の気息。厚い苔に覆われ寄生植物が繁茂する生命みなぎる森。久美が感じた命の秘密とは。光のように生まれ来る、すべての命に仕込まれた可能性への夢。連綿と続く命の繋がりを伝える長編小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沼地のある森を抜けて
著作者等 梨木 香歩
書名ヨミ ヌマチ ノ アル モリ オ ヌケテ
書名別名 Numachi no aru mori o nukete
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2008.12
ページ数 523p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-125339-8
NCID BA88094432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21513909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想